Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jsf052832/nemy.co.jp/public_html/recruit/wp-content/themes/massive_tcd084/functions/menu.php on line 48

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jsf052832/nemy.co.jp/public_html/recruit/wp-content/themes/massive_tcd084/functions/menu.php on line 48

社会に揉まれた16才

いつもネミーマガジンをご覧いただきありがとうございます。
今回は 営業ユニット の 菊池 が担当させていただきます。

私は、中学高校のときから、
社会人フットサルチームに入っています。
今も同じチームで汗を流しています。

たまたま地元にあったフットサルスクールに入会したことから、
サッカーではなくフットサルを選ぶことになりました。

当時の私にとっては、
社会人の皆さんは、体も出来上がっていて経験も豊富。
そのような中でプレーをするのは、
とても新鮮でした。

監督や先輩の言うことが絶対で、
その通りに練習をして成果を挙げるのが
中学高校の「部活」だとしたら、

一人一人が考え、創意工夫を重ねて
プレーを楽しむのが「社会人チーム」

もっとも、最初からそう思えたわけではありませんでした。

1年や2年上どころではなく、
10年単位の先輩と一緒にプレーするのです。
年齢でいえば「神」以上の存在がそこら中にいます。

だから、最初のうちは、
チームの社会人の人たちの言うことは「絶対」でした。
何か注意を受けたりアドバイスを受けたりしたときは、
「やってしまった。すみません」のみ。

そんな中で、ある二人の方との出会いがありました。

一人は、そんなに年の離れていない先輩で、
とても面倒見のいい方でした。
ある人から、かなり強く注意を受けて凹んでいたところ、
「あの人はあんな言い方をしたけど、
その裏にはこういう考えがあって……」
と、きちんとフォローをして下さり、
その後、プレーの具体的な説明、私のどこが直すべきところか、
などを丁寧に解説してくれました。
細かく状況を分析して打ち手を考えるという
大事なことを教えてくれました。

もう一人。チームのエースで、なおかつ常に冷静な方。
「1つ1つのプレーにも意志を持って」が口癖でした。
例えば、キーパーが左に動くと考えて右にシュートしたところ、
キーパーがとっさに右へ動いて止められたとします。
「あの時は、キーパーが左に動いていたので、
右に打ちました」
と言えば、認めてくれました。
これで随分気持ちが楽になりました。

こうした方々のお陰で、
「先輩の言いなり」ではなく、
「自分で考えて判断」という姿勢を持つことができました。

さらに、考えても疑問点がでてきたときに、
委縮することなく「分からない」と言えるようにもなりました。

社会人の中で揉まれたおかげで、
今でもフットサルをより深く楽しめるようになりました。

これが唯一の正しい道だとは思いませんが、
この社会人フットサルチームでの活動は、
自分に大きな自信を与えてくれたような気がします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 【告白】人間関係で悩んでいます

  2. 工夫・改良がゴールへの近道

  3. 音楽活動から学ぶ課題解決!2つの方法

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP